Googleの正確な検索順位を調べる方法

普段、当たり前のように使ってるGoogle検索。実は同じワードで検索しているのに、その結果ってユーザー毎に異なるのをご存知でしたか?

これはGoogleの「パーソナライズド検索」によるもので、主にインターネット利用時の以下の動向からユーザーの興味や関心事を汲み取って、個々に最適と思われる検索結果を反映しているからです。例えば、よく閲覧するwebサイトやページはそのユーザーにとって有益な情報と判断し、上位に表示されやすくなります。

  • 過去に閲覧したページやクリックしたリンク
  • 過去に検索したキーワード

このパーソナライズド検索、個人が日常生活で使う分にはとても便利なのですが、SEO(検索エンジン最適化)という観点では、真の検索順位が分からないのでちょっと厄介です。

新人のweb担当者が、自社のホームページを検索したら1位だったので、喜んで上司に報告したところ、上司の画面では1位どころか2ページ目に表示されていたなんてままある話です。

パーソナライズド検索を無効にして正確な順位を知る方法

それではパーソナライズされていない正確な検索結果を知るにはどうすれば良いのでしょうか?
これにはいくつかの方法がありますが、ブラウザの「シークレットモード」を使うのが一番確実で手っ取り早いです。

シークレットモードとは

例えば複数人で1台のパソコンを共有する場合、自分が閲覧したホームページや検索履歴、さらには特定のページで入力したログインID・パスワード等を他人に知られてしまう可能性があります。

シークレットモードは専用のウィンドウを使ってこれらの情報を一切残さずに閲覧できるモードです。また、シークレットモード中はパーソナライズド検索が無効になるので「正確な検索結果」を知る手段としても活用できます

シークレットモードの表示の仕方

ちなみに「シークレットモード」とはChromeでの呼称で、呼び名は異なりますが他のブラウザにも同様のモードが用意されています。web担当者にとっては必須の機能ですので、以下のショートカットで覚えておくと良いでしょう。
※Macの場合は「Ctrl」を適宜「⌘」に置き換えてください
※スマートデバイスのシークレットモードはここでは割愛させて頂きます。

Chrome(シークレットモード)
「Ctrl」+「Shift」+「N」
シークレットウィンドウ
Firefox(プライベートモード)
「Ctrl」+「Shift」+「P」
プライベートウィンドウ
IE11(InPrivateモード)
「Ctrl」+「Shift」+「P」
IE11 InPrivate ウィンドウ
Edge(InPrivateモード)
「Ctrl」+「Shift」+「P」
Edge  InPrivate ウィンドウ

シークレットモードでも検索時の位置情報は排除できない

シークレットモード中はパーソナライズド検索が無効になると解説しましたが、それでも一つだけ排除できない要素があります。それは位置情報です。

Googleにはベニスアップデートという場所を含まないワードで検索しても、検索時のエリアを考慮して近隣のお店やサービスを上位表示するアルゴリズムがあります。このフィルタはシークレットモード中でも排除することができません。

例えば横浜からスマートフォンで地名を入れずに「ラーメン」と検索しても北海道のラーメン店はまず出てきません。これは、GPS、Wi-Fi、モバイルネットワーク、Bluetooth等で大まかな現在地を測位し、地元や近隣のお店の候補から素の検索順位で表示されます。

また、デスクトップPCでもアクセス元のIPアドレスや最近検索した場所等から大凡の地域を自動判定して、同様の検索結果が反映されます。

このようにシークレットモード中でも検索地によって検索結果は異なりますが、Googleが取得している現在地とお店やサービスの商圏が合致していれば、それが実質的な検索順位と認識して問題ないと思います。

パーソナライズド検索と位置情報も完全に排除した検索順位を知るには

それでも位置情報も排除した純粋な順位が知りたいという場合は、リアルタイムでの確認はできませんが、Google Search Consoleの「検索パフォーマンス⇒平均掲載順位」から「期間⇒カスタム」で直近3日前の平均順位を知ることができます。

なお、位置情報排除のソリューションとしてGRCという検索順位チェックツールを推奨している記事をたまに見かけますが、GRCは検索エリアを考慮しますのでご注意ください。
GRCはどの地域の検索結果から順位を取得していますか? – SEOツールラボ

SEO対策を行うには、まずは意図した検索ワードでの正しい順位を把握することが大切です。これを見誤ると、的外れな施策に予算や労力を費やすことになりますので、しっかりと理解しておく必要があります。

Share!