ノイズキャンセリング・ヘッドフォンを「防音機器」として使う

ノイズキャンセリング・ヘッドフォンを「防音機器」として使う

一言でホームページ制作と言っても、ざっくり区分けすると企画や提案内容をまとめて明文化する作業と、実際の制作実務(デザイン・コーディング・プログラミング等)に大別されます。

自分の場合、制作実務については好きな曲とかをBGMで流しつつ、適度にリラックスした環境で行う方がアイディア&インスピレーションが閃いて効率的なのですが、逆に「まとめて明文化する」のフローでは静寂な状態、極端にいうと無音に近い環境でないと「雑念が入り集中できない→思考停止→文書化が進まない」という悪循環に陥り、仕事として成立しないことが多いです(笑)

たまにカフェとかでサクサク文書をタイピングしてる人を見ると、凄いなぁ…羨ましいなと思ってしまいます。

実は、私事で昨年引っ越しをしたのですが(正確には2回)、入居後あることで悩まされるようになりました。
それは「生活騒音」です。

自分は個人事業主ですので自宅で作業することも多く、住環境はとても重要です。特に「音や騒音」については、前述の通り仕事の生産性や効率に直結しますので、仲介業者さんには事前に以下の希望を明確にお伝えしていました(もちろん自らもご迷惑をお掛けしないという意図を含めてです)。

  1. 最上階の物件(タワマンなら尚可)
  2. できれば角部屋
  3. 構造は鉄筋(鉄骨鉄筋なら尚可)
  4. 過去に住民間での騒音トラブルがない
  5. 分譲賃貸なら尚可

担当頂いた仲介業者も、内見時に不安なことはすぐに管理会社に確認してくれて対応はとても良かったです。結果、上記条件に近い物件の中から2つに絞り、数日悩んだ末に今の部屋を選んだという経緯があります。

なので、引っ越した当日に「ゴツン、ゴン、ドスン」という不快な音が響いてきた時はマジで萎えました(笑)
内見時には全く聞こえなかったんですけどねしかも昼夜を問わず結構な頻度&大きさです。

また、運悪く(事業的には有り難くですが)この頃から複数案件を同時に抱えるようになり、スケジュール的にも企画書&提案書の作成が重なって、その都度、この生活騒音に悩まされるようになりました。ぶっちゃけPCと一日向き合って数行しか進まないなんてことすらありました。

さすがにこれはまずいと思い、生活騒音に効果がありそうな耳栓を何点か購入しましたが、結果はどれも気休め程度でほとんど効果はありませんでした。逆にこの程度で効果がある音は個人的には騒音レベルではないかなって感じです。もちろん音の聞こえ方や騒音の捉え方にも個人差がありますので断定はできませんが。

その後もこれといった対策がないまま悶々とする日々が続き、ストレスは溜まる一方でしたが、そうは言っても仕事は待ってくれません。

そんな中でたまたま拝見した瀬戸さんの「SONY WH-1000XM3」の動画↓

ノイズキャンセリング・ヘッドホンは以前から興味はあったのですが、正直、外界のノイズが多少消える程度で劇的な変化までは期待できなそう、一部のオーディオマニア向けの製品くらいにしか思っていませんでした。

ところが、以下のレビュー動画を視聴して認識が一気に変わりました。WH-1000XM3着脱時の違いがとても分かりやすく収録されていて、ここまで進化してたのか!とビックリでした。

諸々、メンタル的に追い込まれていた時期だったので、これで静寂な環境が手に入るのであればと迷わずポチりました。

WH-1000XM3と比較される機種としてQuietComfort 35がありますが、Boseのワイヤレスヘッドフォンは既に所有(ノイキャン機能は無し)していたのと、何よりアマゾンのトップレビュー「生活騒音にも効果あり」に多くの共感者がいたことが決め手になりました。ぶっちゃけ音質とかはどうでも良かったです。

実際に購入してみて感じたことは、やはりこのヘッドフォンのノイズキャンセリング性能は素晴らしいです。
もちろん、完全無音になるわけではないですが、生活騒音として一番不快な「ドスン、ゴン、ドン」という振動や反響を伴う衝撃音についてはかなりの部分をカットしてくれます。逆に人の話し声やチャイム音などはそれほど消音されない印象を受けました。※あくまでも個人の感想です

オーバーイヤータイプながら255gと重量も軽く、ノイズキャンセリングONの状態でも最大30時間の連続再生が可能なので、充電残量もさほど気になりません。現在、仕事中はほとんどこのヘッドフォンを装着し、必要に応じてBGMのON/OFFを切り替えながら作業をしています。

自分はSONY信者ではありませんが、このノイズキャンセリング機能はオーディオ分野だけでなく「防音」「消音」といったマーケットでも十分に需要が見込めるので、今後もさらなる開発を進めてほしいですね。将来的には完全無音のインナーイヤータイプとかできれば最強かなと思います。

Share!